目次

« 2回目にひとつに重なるのは何分後?(西大和学園中学 2010年) | トップページ | ページ番号の論理と推理(昭和学院秀英中学 2010年) »

2015年10月15日 (木)

第10回算数オリンピック、トライアル問題より(立体のくりぬき問題)

----------------------------------------------------

125個の小立方体でできた立方体があります(図A)。

この立方体から何個かの小立方体を反対側の面までつきぬけるように抜きとりました。(図B)の黒の部分が抜きとったあとです。

(図B)の立体には何個の小立方体が残っていますか。

0

----------------------------------------------------

---------------------------------------------------

手前から輪切りのように、1列ずつ考えていきます。

①20個

1_5

②10個

2_3

③14個

3

④11個

4

⑤20個

5

20+10+14+11+20=75個

---------------------------------------------------

↓こちらファミリーページにもどうぞ!

問題+解法のセット集→「算数解き方ポータル」

どう解く?中学受験算数

パズルのような算数クイズ

算数オリンピック問題に挑戦!

全国170中学校の入試問題と解法

これが中学入試に出た図形問題!

公式、法則、受験算数の極意

中学受験算数分野別68項目へ

中学入試算数、よく出る問題はこれ!

1分で解ける算数

今年、2015年に出た中学入試算数問題!

図で解く算数

紙も鉛筆も使わないで解く算数 

難問、奇問、名作にチャレンジ!

フォト&ムービーで見る、不思議な世界 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」

« 2回目にひとつに重なるのは何分後?(西大和学園中学 2010年) | トップページ | ページ番号の論理と推理(昭和学院秀英中学 2010年) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

中学受験」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

立体図形」カテゴリの記事

立体のくりぬき」カテゴリの記事

図形」カテゴリの記事

算数オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2回目にひとつに重なるのは何分後?(西大和学園中学 2010年) | トップページ | ページ番号の論理と推理(昭和学院秀英中学 2010年) »

スポンサードリンク

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

不思議な休憩室