目次

« 4cmの差をどう考えるか?(2005年算数オリンピック、トライアル問題より) | トップページ | 立体の体積は?(2015年 芝浦工業大学中学 改題) »

2015年5月 1日 (金)

面積の和は何c㎡?(2015年 白百合学園中学)

図のような正三角形ABCがあります。ただし、DEとBCは平行です。

三角形ABCの面積が24c㎡であるとき、

三角形ADEと三角形EFCの面積の和は何c㎡ですか。

501

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

△黄は30°、60°、90°の直角三角形になるので、

正三角形の半分ですから、DF:DE=2:1

5012

正三角形ADEと正三角形DBFの面積比は、1×1:2×2=1:4

正三角形ABCの面積比は、3×3=9

△黄と△緑は合同なので、面積比はそれぞれ、{9-(4+1)}÷2=2

△ADEと△EFCの面積の和は、1+2=3 なので、

24×3/9=8c㎡

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

↓こちらファミリーページにもどうぞ!

どう解く?中学受験算数

パズルのような算数クイズ

算数オリンピック問題に挑戦!

全国150中学校の入試問題と解法

これが中学入試に出た図形問題!

公式、法則、受験算数の極意

分野別66項目へ

お解きさんの受験算数日記!

1分で解ける算数

イメージで見る算数!

« 4cmの差をどう考えるか?(2005年算数オリンピック、トライアル問題より) | トップページ | 立体の体積は?(2015年 芝浦工業大学中学 改題) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

中学受験」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

平面図形」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

面積比・長さ比」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 面積の和は何c㎡?(2015年 白百合学園中学):

« 4cmの差をどう考えるか?(2005年算数オリンピック、トライアル問題より) | トップページ | 立体の体積は?(2015年 芝浦工業大学中学 改題) »

スポンサードリンク

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

不思議な休憩室