目次

« 9個の面積の和は?(2015年 明治大学付属中野中学) | トップページ | 斜線部分の面積の合計は?(2015年 青稜中学) »

2015年4月19日 (日)

Aはいくつ? (麻布中学 2005年)

12にある数Aを次々に加えていくと、

12、12+A、12+A+A、・・・・・・

このような数ができます。

これらの数の一の位を四捨五入すると順に、

10、(ア)、40、50、70、(イ)、・・・・・・

となります。

Aはいくつでしょうか? 

(ア)と(イ)に入る数はいくつですか?

Apa0107s

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

40は、35~44のどれかだったので、Aは

(35-12)÷2=11.5←整数ではないので不適当

35~44の偶数なので、

(36-12)÷2=12

(38-12)÷2=13

(40-12)÷2=14

(42-12)÷2=15

(44-12)÷2=16

のどれかです。

50は、45~54までなので、

12のとき、12+12×3=48

13のとき、12+13×3=51

14のとき、12+14×3=54

15のとき、12+15×3=57

16のとき、12+16×3=60

よって、12か13か14

70は、65~74までなので、

12のとき、12+12×4=60

13のとき、12+13×4=64

14のとき、12+14×4=68

よって、A=14

アは、12+14=26なので、30

イは、12+14×5=82なので、80

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

↓こちらファミリーページにもどうぞ!

どう解く?中学受験算数

パズルのような算数クイズ

算数オリンピック問題に挑戦!

全国150中学校の入試問題と解法

これが中学入試に出た図形問題!

公式、法則、受験算数の極意

分野別66項目へ

お解きさんの受験算数日記!

1分で解ける算数

イメージで見る算数!

« 9個の面積の和は?(2015年 明治大学付属中野中学) | トップページ | 斜線部分の面積の合計は?(2015年 青稜中学) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

中学受験」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

数の性質」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Aはいくつ? (麻布中学 2005年):

« 9個の面積の和は?(2015年 明治大学付属中野中学) | トップページ | 斜線部分の面積の合計は?(2015年 青稜中学) »

スポンサードリンク

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

不思議な休憩室