目次

« 2015年(城北中学)長さの比は? | トップページ | 必ず勝てる戦略は?(2004年算数オリンピック、ファイナル問題より) »

2015年3月16日 (月)

2015年(清泉女学院中学)いくつといくつといくつ?

1から9までの数字が書かれたカードがそれぞれ1枚ずつあります。

同じ数字のカードはありません。

Aさん、Bさん、Cさんの3人がこの9枚のカードから3枚ずつ取ったところ、

Aさんのカードの数字をたすと10に、

Bさんのカードの数字をかけると280になりました。

Cさんの3枚のカードの数字はいくつといくつといくつだったのでしょうか?

Play072s

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

Aの10になる組み合わせは、

1+2+7

1+3+6

1+4+5

2+3+5

Bの3つの数をかけると280なので、5が入っています。

280÷5=56 となり、56=7×8

Bは5、7、8

すると、Aは1、3、6 となり、

Cは2、4、9 です。

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

↓こちらファミリーページにもどうぞ!

どう解く?中学受験算数

パズルのような算数クイズ

算数オリンピック問題に挑戦!

全国150中学校の入試問題と解法

これが中学入試に出た図形問題!

公式、法則、受験算数の極意

分野別66項目へ

お解きさんの受験算数日記!

1分で解ける算数

イメージで見る算数!

« 2015年(城北中学)長さの比は? | トップページ | 必ず勝てる戦略は?(2004年算数オリンピック、ファイナル問題より) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

中学受験」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

数の性質」カテゴリの記事

論理と推理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年(清泉女学院中学)いくつといくつといくつ?:

« 2015年(城北中学)長さの比は? | トップページ | 必ず勝てる戦略は?(2004年算数オリンピック、ファイナル問題より) »

スポンサードリンク

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

不思議な休憩室