目次

« どうしても量れない重さは?(第12回 算数オリンピック、トライアル問題より) | トップページ | 2015年(桐朋中学)電車の速さと長さは? »

2015年3月 9日 (月)

約分できないものは?(浅野中学 2003年)

次のような分数があります。

このうち、約分できないものをすべて足すといくらになるか答えなさい。

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

 18=2×2×3  なので、分子が2の倍数のものと、3の倍数の

ものは、約分できることになります。

 

 1から180までに、2の倍数は、180÷2=90個あります。

3の倍数は180÷3=60個あります。

2と3の両方の倍数(=6の倍数)は、180÷6=30個あるので、

約分できるものは、90+60-30=120個あり、

約分できないものは、180-120=60個あることがわかります。

 

約分できないものの分子は、

1,5,7,11,13,17,19,・・・,167,169,173,175,179

の60個です。この和の求め方としては、

 

方法①

1+5=6、7+11=18、13+17=30、19+23=42・・・

のように、2つずつの和が

6,18,30,42、・・・・354  となって、

12ずつの差で並ぶ30個の整数の和となり、この和は、

(6+354)×30÷2=180×30 となります。 

 

方法②

1+179=180

5+175=180

7+173=180

・・・・・・・・

ということに気づければ、この和は、180が60÷2=30個あり、

180×(60÷2)=180×30 となります。

 

方法①または方法②により、分子の和は180×30で、

分母は18なので、約分できない分数の和は、

180×30÷18=300 と求められます。

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

↓こちらファミリーページにもどうぞ!

どう解く?中学受験算数

パズルのような算数クイズ

算数オリンピック問題に挑戦!

全国150中学校の入試問題と解法

これが中学入試に出た図形問題!

公式、法則、受験算数の極意

分野別66項目へ

お解きさんの受験算数日記!

1分で解ける算数

イメージで見る算数!

« どうしても量れない重さは?(第12回 算数オリンピック、トライアル問題より) | トップページ | 2015年(桐朋中学)電車の速さと長さは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

中学受験」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

数の性質」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 約分できないものは?(浅野中学 2003年):

« どうしても量れない重さは?(第12回 算数オリンピック、トライアル問題より) | トップページ | 2015年(桐朋中学)電車の速さと長さは? »

スポンサードリンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

不思議な休憩室