目次

« 重なった直角三角形の部分面積は?(フェリス女学院中学 2013年) | トップページ | 流れるプールの流水算(滝中学 2010年) »

2014年8月 3日 (日)

A、B、C、Dはいくつ?

----------------------------------------------------

A、B、C、Dは連続する2けたの整数で、

A×A×A+B×B×B+C×C×C+D×D×D=20×20×20

                             =8000 です。

A、B、C、Dはそれぞれいくつでしょうか?

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

Mpsd1301cs

11×11×11+12×12×12+13×13×13+14×14×14

=20×20×20

=8000

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

↓こちらファミリーページにもどうぞ!

どう解く?中学受験算数

パズルのような算数クイズ

算数オリンピック問題に挑戦!

全国150中学校の入試問題と解法

これが中学入試に出た図形問題!

公式、法則、受験算数の極意

分野別66項目へ

ママだって家庭教師!

1分で解ける算数

アニメーションでイメージをつかむ解法

パズル?おもしろ算数問題

イメージでわかる中学受験算数問題
 

« 重なった直角三角形の部分面積は?(フェリス女学院中学 2013年) | トップページ | 流れるプールの流水算(滝中学 2010年) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

中学受験」カテゴリの記事

算数」カテゴリの記事

クイズ」カテゴリの記事

パズル」カテゴリの記事

数の性質」カテゴリの記事

算数オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A、B、C、Dはいくつ?:

« 重なった直角三角形の部分面積は?(フェリス女学院中学 2013年) | トップページ | 流れるプールの流水算(滝中学 2010年) »

スポンサードリンク

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

不思議な休憩室