アニメーション算数教材

不思議な休憩室

ユーチューブ算数

« 2016年6月 1日 (水) | トップページ | 2016年6月 6日 (月) »

2016年6月 5日 (日)

2016年6月 5日 (日)

カードゲームの推理!(六甲中学 2010年改題)

----------------------------------------------------

1から12までのカードが1枚ずつ、全部で12枚あります。

A,B,C,D,E の5人が、1人2枚ずつカードを取り、2枚が残りました。

それぞれが取ったカードに書かれた数の和は、

A が 8、B が 22、C が 4、D が 18、E が 12でした。

さて、AとE が取ったカードに書かれた数は、

それぞれいくつといくつだったのでしょうか?

Toy3013s

----------------------------------------------------

---------------------------------------------------

まず分かることは、

B が取ったカードは、10 と 12

C が取ったカードは、1 と 3

ということです。

Aが取ったカードの組み合わせとして考えられるのは、

(1,7)、(2,6)、(3,5)、(4,4)ですが、

(1,7) と (3,5) は、1と3 をC が取っているので

対象から外れます。

(4,4)は、同じ数のカードはないので作れません。

よって、Aが取ったカードは、2 と 6 ということがわかります。

次に分かるのは、残った2枚のカードです。

A,B,C,D,E の5人の取ったカードの数の和は、

8+22+4+18+12=64 なので、

残った2枚のカードの数の和は、

(1+2+・・・+12)-64

=(1+12)×12÷2 - 64=14

とわかります。

和が14になるのは、

(10,4) → Bが10を取っているので ×

(9,5)

(8,6) → Aが6を取っているので ×

(7,7) → 2枚同じカードはないので ×

以上より、9 と 5 です。

残る4枚のカードは、4、7,8,11です。

ここから D の18、E の12 を作るので、

D が 7 と 11、E が 4 と 8 とわかります。

よって、A は 2 と 6、E は 4 と 8 のカードです。

---------------------------------------------------

↓こちらファミリーページにもどうぞ!

問題+解法のセット集→「算数解き方ポータル」

どう解く?中学受験算数

パズルのような算数クイズ

算数オリンピック問題に挑戦!

全国170中学校の入試問題と解法

これが中学入試に出た図形問題!

公式、法則、受験算数の極意

中学受験算数分野別68項目へ

受験算数、裏技WEB講座

1分で解ける算数

算数、解法のリンク集

図で解く算数

紙も鉛筆も使わないで解く算数 

難問、奇問、名作にチャレンジ!

フォト&ムービーで見る、不思議な世界 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」

« 2016年6月 1日 (水) | トップページ | 2016年6月 6日 (月) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

中学受験 携帯サイト

  • 中学受験 携帯サイト

    Keitaitop

    Qr_code

    携帯電話でこのQRコードを読み取ってアクセスしてください。