アニメーション算数教材

不思議な休憩室

ユーチューブ算数

« 2012年5月 9日 (水) | トップページ | 2012年5月12日 (土) »

2012年5月11日 (金)

2012年5月11日 (金)

旅人算②

昨日に引き続き旅人算ですが、うさぎがかめに追いつくパターンも含めて、結局、16のパターンのどれかが出題されています。

まず、大きく分けて4つあります。

第1が出会いです。

↓このようなパターン(次ボタンをクリック)

どんどん近くなるパターンです。

道のりAを(速さa+速さb)で割れば出会うまでの時間が出ます。

A÷(a+b)=時間

ここには道のりA速さa速さb時間の4つの要素がありますが、問題では3つの要素がわかっていて、後一つの要素を計算で求めさせるわけです。ですから4種類の問題ができます。

第2が別れ(?)です。

↓このようなパターン(次ボタンをクリック)

どんどん遠ざかるパターンです。

この場合も2人の速さの和を求めて、時間をかければ離れた道のりが求められます。

(a+b)×時間=道のりA

ここでもどれか1つ未知数を作れば問題は4種類できるわけです。

第3が差がついていくもの。

↓このようなパターン(次ボタンをクリック)

だんだん差がついていくパターンです。

この場合は2人の速さの差が重要で、時間をかければついた差が求められます。

(aーb)×時間=差B

これも4種類の問題が可能です。

第4が追っかけです。

↓このようなパターン(次ボタンをクリック)

これも2人の速さの差を使って、最初からついていた道のりの差を割れば追いつく時間が出ます。

昨日のうさぎとかめですね。

B÷(aーb)=追いつく時間

これも未知数を4つのうちの1つにすれば、4種類の問題ができます。

全部で4×4=16パターンになるわけです。

もっとも、子どもたちにとってはそれを見極めるのが難しいのですが、イメージを頭に入れてパターン練習をくりかえすことで慣れていきます。なんとか受験までにはこなせるようになりますから不思議です。

受験まで算数の全分野をカバー!

毎日3問、15分で受験算数問題の解法イメージ力がつく、

すずきたかし先生の「トクとくネット」塾

開講中!

イメージでわかる中学受験算数

(ランキング参加中、クリック応援よろしくお願いします!)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村

« 2012年5月 9日 (水) | トップページ | 2012年5月12日 (土) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

中学受験 携帯サイト

  • 中学受験 携帯サイト

    Keitaitop

    Qr_code

    携帯電話でこのQRコードを読み取ってアクセスしてください。