アニメーション算数教材

不思議な休憩室

ユーチューブ算数

« 三角形の性質と角度(平面図形) | トップページ | 数列の間隔(規則性) »

2012年4月14日 (土)

通過算の基本

4kmの鉄橋を5分で通過する250mの列車は時速何kmですか。

4kmもの長い鉄橋があるかどうかは別として、通過算の間違えやすいポイントは2つ。

①列車の長さを考えること。

②単位をそろえること。

942 

通過とは、列車の先頭が橋にさしかかったときから、一番後ろの車両が橋を渡りきったときまでをさします。

ですからこの場合、鉄橋の4km+列車の250mが通過した距離になります。

4000m+250m=4250m

それを5分で通過したわけですから、1分では4250÷5=850m。

1時間では850m×60=51000m

問題が聞いているのは時速何kmか!

時速51kmになります。

受験まで算数の全分野をカバー!

毎日3問、15分で受験算数問題の解法イメージ力がつく、

すずきたかし先生の「トクとくネット」塾

開講中!

downwardright

イメージでわかる中学受験算数

(ランキング参加中、クリック応援よろしくお願いします!)

downwardright

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村

« 三角形の性質と角度(平面図形) | トップページ | 数列の間隔(規則性) »

「クイズ」カテゴリの記事

「パズル」カテゴリの記事

「中学受験」カテゴリの記事

「問題」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「算数」カテゴリの記事

「通過算」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108988/54467282

この記事へのトラックバック一覧です: 通過算の基本:

« 三角形の性質と角度(平面図形) | トップページ | 数列の間隔(規則性) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

中学受験 携帯サイト

  • 中学受験 携帯サイト

    Keitaitop

    Qr_code

    携帯電話でこのQRコードを読み取ってアクセスしてください。